アウトラインを取るには... 

サイトマップ
お問い合わせ

カテゴリーメニュー


W-smileの著作権に対する注意喚起  無地注文について facebookへお越しください

アウトラインを取るには... 

425日

当店のデザインからお客様へのお願いで、Illustratorのソフトをお使いのお客様のデータ入稿時には、必ずアウトラインをお取りくださいとお願いをしています。

アウトラインは、同じIllustratorのソフトで作成したデータでも、使用しているPCに作成したデータで使用した書体(フォント)がなければお客様の希望のデータとは異なったデータとなってしまいます。

このためアウトラインを取ることで、使用した書体が変わることなくデータを開くことができ、プリントすることが可能になります。

今回は、このアウトラインを作成する方法をご紹介します。

イラストレータのソフトで文字を作成するとこんな感じになりますね。

20160425_Otake1.jpg


このように文字を選択して、「書式」の「アウトラインを作成」をクリックします。

20160425_Otake3-1.jpg



すると上記のようにアルファベットの周りが選択されアウトラインが取られます。

「これでプリントお願いします!」とお客様からデータを頂くのですが、実はここで落とし穴があるのです。もちろん頂いたデータはこちらで確認していますが、この時に当店で気を付けているのが、この筆記体のようにアルファベット同士が重なり合っているところ。もし、このままのデータでカッティング転写の文字をカットすると、この重なりもカットされてしまいます。シートをカットしたラインはかなり細いため見落としてしまうと熱で圧着した後に隙間が空あいてしまい文字の繋がりがなくなってしまうのです。

このためこの重なりをなくすのが、パスファインダ合体という機能。

20160425_Otake3.jpg
ここをクリックすると...

20160425_Otake3-1.jpg

重なりがなくなりました!!

綺麗に流れる筆記体ができました!!

できればこのパスファインダ機能を使用してもらい重なりをなくしてからご入稿頂けると助かります!

アウトラインを取るときは、ぜひここまでよろしくお願いします!!<(_ _)>

 

                            デザイン担当 大竹アツ子