【挑戦の共有】World Cup

サイトマップ
お問い合わせ

カテゴリーメニュー


W-smileの著作権に対する注意喚起  無地注文について facebookへお越しください

【挑戦の共有】World Cup

こんにちは、スタッフの古川恵一です。

皆さん、SPEEDSKI
という競技を知ってますか?

SPEEDSKIJAPAN_600.jpg

その名の通り、SPPEDを競うSKIの競技。

雪の少ない長崎県出身という異色の選手がたった一人でこのワールドカップに挑戦しています。
彼の名は八並朋之・ホームページのタイトルは【挑戦の共有
】スピードスキー世界一への挑戦です。
今シーズンもワールドカップで戦うため、単身でヨーロッパを転戦しています。

彼とは、昨年、とあるイベントで知り合いました。
そこで、彼の挑戦のお話を伺いました。
私たちは、スキーで世界一は目指せないですが、世界一の滑りをロゴマークで表現することで彼の挑戦の共有者になりたいと思いました。

それから世界一の滑りをロゴマークに表現するプロジェクトが始まりました。

今回、ようやく、SPEEDSKIJAPANチームの公認ベンチコート、公認Tシャツが完成しましたので紹介します。

sppeski00_600.jpg

機能性も兼ね備えたあったかベンチコートで選手を包みます。(箕輪スキー場にて)

sppeski01_600.jpg

Tシャツはカモフラ柄でおしゃれに仕上がりました。

SPEEDSKIはワールドカップも開催される国際的な競技にもかかわらず、危険が伴うということで現在も正式競技となるには至っておらず、資金面でも潤沢とは言えない面があります。

そこで、これら公認グッズの売上の一部は、活動資金に充てられています。
w-smileでは、このTシャツを製作して活動資捻出のお手伝いをさせて頂いています。

これからも、w-smileは、SPEEDSKIJAPANチームの紹介をして応援していきます!

SPPESKIJAPAN公認 FIS Speed Skiing World Cup記念限定商品はこちらで購入できます。
https://speedskijpn.base.shop/


スピードスキーとは・・・・・・
スキー競技のひとつで急勾配の斜面を滑り降り時速を競う競技。
かつてはフランス語のkilomètre lancé からキロメーターランセ(仏語発音はキロメートルロンセが近い)とも呼ばれた。

ルールは、スタート後300メートルから400メートルほどの助走区間をほぼ直滑降し、その後の斜面に設置された100メートルの区間の平均速度を計測するというものである。そしてそこで最も平均速度の速い者が勝者となる。

現在でもワールドカップが行われるなど欧米を中心に根強い人気を誇っている。ウィキペディアより