マスクをつくることについて

サイトマップ
お問い合わせ

カテゴリーメニュー


W-smileの著作権に対する注意喚起  無地注文について facebookへお越しください

マスクをつくることについて

こんにちは 古川 恵一です。

コロナ禍で必須アイテムとなったマスクですが、


「人が困っていることにつけこんだ商売をしているのはいかがなものか!」


という意見を耳にすることがあります。いろんな意見があって良いと思います。


私たちがどうしてマスクをつくることにしたのかについてお伝えします。

 

私たちは、マスクを付けることが苦になる、マスクは付けたくないという発想をどうしたら

「付けることが苦にならない」 

むしろ

「付けたくなる!」

という気持ちにできるか?考えました。

 

「○○だから付けたい!」

 

いろんな発想が出ました。


1.気持ちが良いから付けたい!

2.快適だから付けたい!

3.安全だから付けたい!

4.かわいいから付けたい!

5.ファッションとして楽しみたいから付けたい!

 

いろんな○○だからを考えました。

そして、生れたのがあかべぇマスクです。

かわいいデザインで愛されるキャラクターのあかべぇを採用しました。

あかべこをモチーフにしているあかべぇは、厄除けのイメージとしてもぴったりでした。

 

弊社に購入にこられるお客様は

付けていると


「どこで買ったのか?」


とよく聞かれるそうです。

取扱したいというお店のオーナーさんは、

「あかべぇのマスク売っていないのか?」

と聞かれるそうです。

おかげさまで、いろんなお店で取り扱いもしていただけるようになり、

「かわいいから付けたくなるあかべぇマスク」

として好評を頂いています。

マスクを付けることは世の中にとって

「安心、安全」

な環境を作るアイテムです。

ですので、「付けたくない」「つけるのが面倒」とか思うのではなくて

「付けたくなる!」

マスクを提供することで少しでもマスクライフを楽しい、

心地よいものにしていければと考えています。


「今日はどのマスクを付けようか?」

とマスクをつけるという行為を楽しく悩んでもらえる1枚を追求して

いきたいと思います。


マスクは付けるだけで発信力があり、感染リスク・マナーにも配慮した素晴らしい商品です。


付けていただいた方に喜んで頂き、社会の役に立つのであればマスクをつくることも悪くないと思っています。


これからも、


マイナスイメージをどんな風にしたらプラスのイメージ転換できるか?


という視点で商品を創っていきます。


POP_akabe_600.jpg